Basilico

The Tale of Basilico City
First

Story 21

A Manager

支配人

ACT 01

執務中のステパン

バジリコ物語第一部も今回で
最終話である。トリをつとめるのは、
むろんTheatre198の支配人にして
この物語のプロデューサー、
われらがステパン氏である。
ところで、
この第一部のサブタイトルは
「菜人に関する世にも地味な
 お話の数々」である。
これまで、
少しもドラマチックでなく、
ただ、ほんの少し、
コンプレックスや悩みを抱えた
菜人たちの、その日常を
紹介してきたわけであるが、
では、いったい
ステパン・F・ラディッシュの
「それ」とは何であろう。
それはもちろん
劇場の客の少なさである。

椅子