位置マップ

Guide to Basilico

PART5

around the theatre

劇場周辺

60
61
62
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
08

資料室にドノバンの姿

そこはもともとは資料室であるのだが、楽屋からもスタッフルームからも支配人室からも等距離にあって、つまり関係者が顔をあわせるのにいちばん都合がいいという理由で、打ち合わせ室に使われている。
書棚を占める中でいちばん多いのはこれまでの芝居の脚本といわれている。そして、その脚本を書くために使われた資料、背景や大道具をつくるための資料、演劇論、劇評ののった雑誌や新聞の綴り。舞台には直接関係のない書物も多い。ステパンもいったい何があるのか、よく分からないのである。
その書棚であるが、時折この部屋で過去の楽曲のスコアを調べたりするドノバンが、全てを知っている。といううわさがある。本人は何もいわないが、劇場関係者はみなそう思っている。

椅子